Webライティングのポイント&勉強方法【初心者Webライター向け】

Webライティングを勉強したいけど、どうやって勉強したらいいかな?

この記事は、Webライティングをこれから勉強したい人向けに、Webライティングのポイントや勉強方法を解説しています。

結論からお伝えすると、Webライティングを勉強する手順は以下の通りです。

  • Webライティングとはなにかを理解する
  • Webライティングのポイントをおさえる
  • 学んだことを実践する

この記事を最後まで読めば、Webライティング初心者でも、ポイントをおさえて効率よく勉強する方法がわかります。

Webライティングとはなにかを理解しよう

Webライティングとはなにかを理解しよう

Webライティングとは「読者の検索意図に対して、知りたい情報がわかりやすく書かれていること」です。

Webライティングとはなにかを理解しよう
Webライティングとは
  • 読者の知りたい情報がわかりやすく書かれている
  • 結論ファーストで書かれている
  • スマホやパソコンで見て読みやすい
  • 検索エンジンで上位表示される

読者は検索エンジン(Googleやyahooなど)を使って、知りたい情報を検索します。

そのため、自分の書いた記事を読んでもらうには、検索エンジンで上位表示されることが大切。

読者にとってわかりやすく、ニーズに合っている記事は、自然と上位表示されるようになっています。

これらを意識した文章を書くために、Webライティングの知識が必要になるのです。

Webライティングのポイント

Webライティングのポイント

Webライティングのポイントを抑えておきましょう。Webライティングのポイントがわかれば、勉強がグッとしやすくなりますよ。

基本構成

Webライティングは、結論ファーストであることが大切です。結論から書く方法は主に2つあります。

  • SDS法
  • PREP法
Webライティングのポイント

SDS法は「結論」→「詳細」→「まとめ」の順で書きます。文章が短くまとまっていて、結論が早くわかるのが特徴です。

最初と最後に結論を繰り返し伝えることで、読み手に理解してもらいやすくなります。

SDS法の例文
  • S「結論」:SDS法は、自分の主張を素早く伝えたいときに有効です。
  • D「詳細」:結論を最初と最後に伝えるので、自分の主張が相手の印象に残りやすく、主張が明確に伝わります。
  • S「まとめ」:そのため、自分の主張を素早く伝えたいときはSDS法を使いましょう。
Webライティングのポイント

PREP法は「結論」→「理由」→「具体例」→「結論」の順で書きます。

SDS法と同じく、最初と最後に結論を伝えるので、読み手に理解してもらいやすいのが特徴です。SDS法よりも説得力のある文章が作れます。

PREP法の例文
  • P「結論」:わかりやすい文章を書くならPREP法がおすすめです。
  • R「理由」:PREP法なら、文章が簡潔で読みやすく、説得力もあるからです。
  • E「根拠」:実際にビジネスシーンでもPREP法が使われています。
  • P「結論」:そのため、わかりやすい文章を書くならPREP法を使いましょう。

書き方の手順

書き方の手順
  1. ペルソナを明確にする
  2. 構成を決める
  3. 記事を書く
  4. 見直しをする

ペルソナとは「読み手は誰か」を考えることです。ペルソナを明確にしないと、記事の構成や内容がブレてしまいます。

例えば「初心者向け」とペルソナ設定をしたのに、内容が専門用語ばかりだったら読んでもらえないですよね。

ペルソナを明確にした上で構成を考えましょう。この2点がWebライティングをする上で一番大切になります。

ペルソナ、構成を決めたら記事を書き、書き終わったら、見直しをします。誤字脱字はないか、伝わりづらいところはないかなど再度確認しましょう。

注意点

  • 1文は50字くらいまで
  • 同じ文末表現が続かないようにする
  • 改行をこまめに入れる
  • 図や写真を入れてパッと見てわかりやすいようにする

Webライティングの鉄則は「Web上で記事を読む人が読みやすい文であること」です。

読みやすいように、1文は50字くらいまでの短い文で、同じ文末表現が続かないように意識しましょう。

〜です。〜です。〜です。と3回続く場合は書き直しをおすすめします。

ほかの文末表現(です。ます。でしょう。ましょうなど)を使うか、体言止めを入れてみるとバリエーションが増えますよ。

同じ文末表現が続いちゃうのは、Webライター初心者あるあるなので、気をつけましょう!

他にも、改行をこまめに入れたり、図や写真を挟むことでより読みやすくなります。

私は大見出し1つにつき、最低1枚の図か写真を入れるようにしています。

全て書き終わったら、スマホとパソコンの両方から自分の記事を読んでみましょう。

パソコンからだと読みやすいけど、スマホからだと読みづらい…なんてことも多々あります。

Webライティングの勉強方法

Webライティングの勉強方法

ライティングは、始めに本を読んで基礎を勉強。

その後、勉強を続けながら、ブログを書いたり、仕事を受注してアウトプットしていきます。

早く成果を出したい人や効率よく勉強したい人は、有料のオンライン講座を利用するのもおすすめです。

本で学ぶ

まずは本を読んで文章の基礎を学びましょう。本は著者の経験をもとに書かれているので、1冊に知識が詰まっていてわかりやすくなっています。

おすすめの本を以下にまとめておきます。口コミなどを参考に、自分に合った本を選びましょう。

学習サービスを利用する

早くWebライティングを学びたいという人は、学習サービスを利用すると効率よく学べます。

有料の学習サービスなら、質問ができたり、記事添削できたりと、サービスが充実。費用はかかりますが、その分高単価案件をゲットして回収できればOKです。

SHElikes(シーライクス)は、女性専用のオンライン学習サービスです。24種類あるコースが受け放題なのが特徴。

ライターコースやWebマーケティングコースなど、Webライターとしての基礎知識を学びたい方向けのコースがあります

コース数が豊富なので、Webライター以外の知識も身につけたい人にもおすすめとなっています。

WritingHacks(ライティングハックス)は、高単価で仕事が取れるWebライターを養成するための講座です。

77本の動画(1本5〜10分)やLINEによる無制限質問サービス、3回まで添削を受けることが可能。

買い切り型のオンライン講座になっているので、追加料金がかかることはなく、いつでも好きなときに学習できます。

無制限で質問ができるのは、心強い!

ブログを書く

Webライターとしての知識を身に着けたら、アウトプットすることが大切。アウトプットの場にブログは最適です。

ブログを書いて入れば、自然とライティングスキルが身につきます。

SEOを意識しながら書けば収益化も目指せますね!収入の柱が増えると、精神的にも楽になりますよ。

クラウドソーシングで仕事を受注する

ライティングは、実際に書く経験を積まないと上手くなりません。

クラウドソーシングサイトで仕事を受注し、書きながら勉強していきましょう

クラウドワークスソーシングなら、初心者でも仕事の受注ができますよ。

まとめ:Webライティングのポイントをおさえて効率よく勉強しよう

まとめ:Webライティングのポイントをおさえて効率よく勉強しよう
勉強方法
  • 本を読んで基礎を学ぶ
  • ブログを書いたり、仕事を受注してアウトプット
  • 効率よく勉強したいなら有料のオンライン講座を利用

ポイントを抑えて効率よく勉強していきましょう。

勉強→アウトプットの流れが大切です。「まだWebライターの仕事をする自信が無い…」といつまでも勉強ばかりしていては上達しません。

ある程度の基礎を学んだら、どんどん経験を積んでいきましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました