Webライターがアフィリエイトをやるべき3つの理由

Webライターとアフィリエイトだとどっちが稼げるのかな?アフィリエイトに興味があるけど実際どうなんだろう?

Webライターもアフィリエイトも、どちらもWebライティングスキルが必要です。そのため、「ライティング」という点では共通点があるので、どっちをやろうか迷う人もいるでしょう。

結論からいうと、両方やるべきです。Webライターとして慣れてきたらアフィリエイトをやってみるのが、いちばんスムーズで挫折しにくいのでおすすめ。

これを読めば、Webライターがアフィリエイトをやるべき理由がわかります。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、広告収入のことです。自分が運営するブログに広告を貼って広告経由で商品が売れると収入が得られます

広告によってもらえる金額が違うので、ジャンル選びが重要です。

アフィリエイトとWebライターの違い
  • Webライターはすぐに収入につながる
  • アフィリエイトは収益化に時間がかかる

Webライターは仕事を受ければすぐに収入につながるのに対して、アフィリエイトは記事を書いたからといってすぐに収入が得られるわけではありません。

初心者でも稼ぎやすいのがWebライターで、アフィリエイトは収益化に時間がかかりますが、その分収入に期待ができるものです。

Webライターがアフィリエイトをやるべき3つの理由

Webライターがアフィリエイトをやるべき3つの理由

Webライターがアフィリエイトをやるべき3つの理由を紹介します。私もWebライターとアフィリエイトどちらもやっていますが、メリットのほうが大きいです。

副業に迷っている人は、とりあえずやってみることをおすすめします。

ライティングスキルが役立つ

Webライターとして書いている記事は、クライアントのブログ記事であることがほとんどです。そのため、Webライターとして得たスキルがそのまま自分のアフィリエイトブログ記事に活かせます。

Webライターとして記事を書くとき、マニュアルがあったりフィードバックしてもらえたりするします。そこには、アフィリエイトをするうえで大切なノウハウが詰まっているため、Webライターとして仕事をすればするほどスキルが上がっていきます。

結果として、Webライターの経験があったほうが、自分でアフィリエイトをするときにも良い記事が書けるというわけです。

また、アフィリエイトで稼げるようになれば、Webライターの案件受注もしやすくなります。記事が書けるだけのライターより、収益化ができるライターのほうが重宝されからです。

アフィリエイトで稼げているということは、Webライティング、SEO、マーケティングなどをわかっているという証明にもなるので、クライアントにとって貴重な存在になるはず。

Webライターでまだアフィリエイトやってない人は、やってみるのがおすすめですよ。

クライアントの気持ちがわかる

Webライターに仕事を依頼するクライアントは「記事を上位表示させたい」「集客してアフィリエイトや自社商品で収益化したい」というのが目的です。

自分でアフィリエイトブログを運営すると、どうやったら収益化できるかを考え、学んでいくことになります。

アフィリエイトするのも、Webライターをするのも考えることや基本スキルは一緒なので、クライアントの気持ちがわかるようになるでしょう。

アフィリエイトで収入を得る→検索エンジンで上位表示が必須→Webライティング、SEOライティング、マーケティングなどを学ぶ…。

スキルアップしていくうちに、検索順位で上位が取れる良い記事を書けるようになり、重宝されるWebライターに成長していきます。

収入源が増える

Webライターがアフィリエイトをすることで収入源が増えることが期待できます。Webライターは、書けば書くだけ収入につながります。しかし、単価が低い仕事も多いので、稼げる金額に限界があるでしょう。また、安定した収入を得るには、書き続ける必要があります。

アフィリエイトは、収益化するまでに時間がかかります。半年〜1年以上稼げないのが当たり前の世界です。努力の方法を間違えるといくら書いても稼げないことも少なくありません。

しかし、検索エンジンで上位表示させる記事がたくさん書けるようになれば、高収入を得ることができます。一度アフィリエイトブログを育てれば、記事を書かない日でもブログから勝手に売れていくので、不労所得となるでしょう。

アフィリエイトを始める前にWebライターになるべき理由

アフィリエイトを始める前にWebライターになるべき理由

アフィリエイトかWebライターのどちらから始めようか迷っているなら、Webライターから始めるべきです。

そのほうが効率よく進めることができ、挫折も少ないからです。アフィリエイトを始める前にWebライターになるべき理由を紹介します。

アフィリエイトだけで成果を出すのは難しい

Webライターは書けば収入につながりますが、アフィリエイトはただ書くだけでは、まったく収益化できません。それなりのスキルが必要です。

アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、アフィリエイトをしている人の7割が収入なしという結果になっています。それだけ稼ぐのが難しいということですね。

しかし、長く継続すればするほど収入が上がっていることがわかるので、諦めずに続けることが成果を出すコツといえるでしょう。

収入が安定する

Webライターであれば、書けば書いただけ収入につながります。クラウドソーシングを使えば、初心者でも比較的かんたんに仕事を探せます。

アフィリエイトで稼げない日々が続くと、精神的につらくなってしまいます。Webライターという収入源があれば、アフィリエイトで稼げない日々も乗り越えられるでしょう。

Webライターがアフィリエイトで稼ぐ3ステップ

Webライターがアフィリエイトで稼ぐ3ステップ

アフィリエイトで稼ぐための3ステップを紹介します。安定した収入を得るのはかんたんではありませんが、試行錯誤しながら進めていくことでスキルアップしていくでしょう。

ブログを開設する

アフィリエイトをするには、まずはブログを開設します。アフィリエイトするなら、WordPress一択です。

サーバー代に月々1,000円程度かかりますが、無料ブログだとアフィリエイトをやるのに限界があります。少しお金がかかってもWordPressにしましょう。

ブログの開設方法は、こちらの記事を参考にしてください。読みながらやれば、誰でもかんたんに開設できます。

ASPに登録する

ASPはアフィリエイトサービスプロバイダーのことです。わかりやすくいうと、アフィリエイト広告を提供してくれるサービスですね。

アフィリエイトするなら登録必須なASPを3つ紹介します。

この3つに登録しておけば、ある程度のジャンルのアフィリエイトを網羅できます。アフィリエイトするなら登録しておきましょう。

SEOを学ぶ

アフィリエイトで稼ぐなら、検索エンジンで上位を取らなければなりません。そのために必要なスキルがSEOです。

SEOを学ぶ方法はいろいろありますが、まずは本を1冊読んで「SEOの仕組み」について知ることからはじめましょう。

SEOを学ぶなら「沈黙のWebライティング」がおすすめ!分厚いけど、漫画だから読みやすくてわかりやすいよ!

SEOは、学ぶだけではだめです。アウトプットが大切なので、ある程度の流れを把握したら、アフィリエイトをやりながら試行錯誤していくことで身についていきます。

Webライターがアフィリエイトで稼ぐためのポイント

Webライターがアフィリエイトで稼ぐためのポイント

Webライターがアフィリエイトで稼ぐためのポイントを紹介します。アフィリエイトでしっかり稼ぎたい人は参考にしてみてくださいね。

Webライターで学んだ知識を活かす

Webライターで学んだ知識をアフィリエイトに活かすようにしましょう。Webライターを続けていくうちに、自然とWebライティングやSEOの知識が身につきます。

クライアントが用意したマニュアルやフィードバックから学ぶことはたくさんあります。学んだことをすぐに実践することで、スキルアップが目指せるでしょう。

Webライターとしてのスキルも上がり、アフィリエイトでも成果が出れば、まさに一石二鳥です。

アフィリエイトブログも仕事という意識をもつ

Webライターの仕事のようにアフィリエイトは自分で行っていくものなので、期限がありません。そのため、どうしても「今日はやらなくていいや」とだらけてしまいがちです。

アフィリエイトも、仕事だという意識をもって取り組みましょう。週に何記事更新するか、サイトの設計はどうするかをしっかりと決めてコツコツと取り組むことが収益化につながります。

Webライターで学んだ技術をアフィリエイトに活かそう

Webライターで学んだ技術をアフィリエイトに活かそう

Webライターとアフィリエイトは相性抜群です。Webライターで学んだ知識をアフィリエイトに活かすことができますし、収入も安定します。

どちらからやろうか迷っている人は、Webライターからはじめましょう。Webライターとして実績を重ねてからアフィリエイトをしたほうが効率的です。

すでにWebライターで、まだアフィリエイトをやっていない人は、ブログの開設をすぐにしましょう。WordPressでブログ開設して記事をコツコツと書き始めれば、数ヶ月〜数年後には不労所得が得られるかもしれません。

だれでも簡単に開設できるので、参考にしてみてくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました