つみたてNISA(積立NISA)とは?始め方や特徴を超初心者向けに解説

将来にむけてつみたてNISAを始めたいけど、なにから始めたらよいかわからないよ…

 

つみたてNISAを始めたいけど、どうやって始めたらいいのかわからない、つみたてNISAの特徴や仕組みをしっかり理解した人向けに解説します。

この記事を読めば、つみたてNISAとはなにかから、つみたてNISAの始め方がわかるはず!

つみたてNISAの始め方
  • 証券会社でつみたてNISA口座を開設する
  • つみたてNISAで運用する投資信託をえらぶ
  • 積立設定をする

つみたてNISAの特徴を理解して、つみたてNISAデビューをしましょう!

つみたてNISAの口座開設には少し時間がかかるので、まずは口座開設手続きを先にすることをおすすめします!

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、「Nippon Individual Saving Account」の頭文字をとってNISAです。つみたてに特化したNISAがつみたてNISAになります。

日本語に訳すと「少額投資非課税制度」。つまり投資の利益に対して税金がかからない制度のことです。

一般の口座で、投資の利益に対する税率は20%なので税金がかからないのは大きなメリットですね!

一般口座で投資の利益が100万でたら税金で20万円引かれることになると考えると、税金って恐ろしい…

概要をまとめると以下の通りになります。

利用できる対象日本在住の20歳以上の人
開設できる口座数1人1口座
(つみたてNISAかNISAどちらかひとつ)
非課税投資枠年間最大40万円まで
最低投資額100円〜
非課税期間最長20年間
投資可能期間2037年まで
対象商品金融庁が厳選した投資信託のみ

つみたてNISAは、少額からコツコツと貯めていきたい人にぴったりの制度です。

対象商品は金融庁が厳選してくれていて、非課税で運用できるので、投資初心者でもはじめやすいのがメリット

つみたてNISAの始め方

証券会社でつみたてNISA口座を開設する

つみたてNISAを始めるには、証券会社でつみたてNISAの口座を開設する必要があります。

証券会社に口座がない人は、証券会社で口座を開設してからつみたてNISAの口座を開設する流れになります。

証券会社の口座を開設するときに、同時につみたてNISAの口座を開設できることが多いよ!

つみたてNISAの口座開設の際には、「つみたてNISA」か「NISA」かの選択が必要になるのでつみたてNISAを選びましょう

つみたてNISAとNISAは別物(後述参考)。どちらか1つしか開設できないので、間違えないようにしてね!

つみたてNISAの口座開設には税務署の審査があるの、開設までに時間がかかります。迷っている人はまずは開設手続きをするのがおすすめ!

つみたてNISAでおすすめの証券会社は「楽天証券」か「SBI証券です。

大手金融機関でも開設ができますが、選べる投資信託が少なかったり、手数料が割高だったりするので、ネット証券がおすすめ。

楽天証券SBI証券
取扱銘柄数172本174本
取引手数料無料無料
積立方式毎日/毎月毎日/毎週/毎月
最低投資金額100円〜100円〜
ポイント楽天ポイント
クレジットカード決済楽天カードのみ可

楽天証券」も「SBI証券」も取扱銘柄数はほぼ同じ、積立方式はSBI証券の方が自由度があります。

楽天証券はクレジットカード決済ができ、その分ポイントが貯まります。さらに貯まったポイントで投資信託の購入ができるのが魅力。

私は楽天証券を使ってます!

楽天証券での楽天ポイント活用法についてはこちらの記事を参考にどうぞ!

つみたてNISAで運用する投資信託をえらぶ

口座開設の次は、つみたてNISAで運用する投資信託を選びます。

例えると、つみたてNISAはただの箱なので、箱の中にどんな商品(投資信託)を入れるかを考える必要があります。

投資信託とは「投資家から資金を集めてプロが代わりに投資・運用すること」。簡単にいうと、いろいろな商品のパック詰めのようなイメージ。

つみたてNISAで取り扱っている投資信託は金融庁が厳選して選んだ商品のみなので、どれを選んでもリスクが少なく済むようになっています。

投資信託の選び方やおすすめの銘柄はこちらの記事を参考にどうぞ!

積立設定をする

最後に積立設定をします。積立設定方法は証券会社によって異なります。一度設定するだけでいいので、やっておきましょう。

ちなみに、積立頻度は毎日でも毎月でもリターンはほぼかわりません。好きな方を選択しましょう!

日経経済新聞の調査では、積立リターンは購入頻度では差がつかないという結果が出ています。

銘柄別で積立リターンを見てもほとんど大差はありません。なので、自分にあった積立頻度で設定をしましょう!

つみたてNISAの特徴

投資の利益に対して税金がかからない

投資初心者はつみたてNISAがおすすめな理由

通常、投資の利益に対して20%の税金がかかりますが、つみたてNISAは運用期間20年間の間は税金がかかりません。

ただし、運用するための条件がいくつかあるよ!

金融庁が選定した商品の中から選ぶので商品が選びやすい

つみたてNISAで購入できる商品は、金融庁が選定した投資信託の中から選択します。(約170銘柄)

投資初心者がたくさんの投資信託の中から商品を選ぶのは、どれを選べばよいかわからず困ってしまいます。

しかし、つみたてNISAなら金融庁があらかじめ選定してくれているので、どれを選んでも大きな失敗はしずらくなっています。

とはいえ、投資信託の選択はよく調べて購入することが大切!

おすすめの投資信託についてはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

年間投資上限額は40万円まで

つみたてNISAの特徴

つみたてNISAの年間投資上限額は40万円までです。年間40万円までなので、月々約33,000円の投資ができます。

少しづつコツコツと投資をしたい方には、つみたてNISAがおすすめ!

上限額が40万円までなので、年間40万円使わなくても大丈夫です。月々1,000円などの少額でもOK。ただし、翌年に未使用枠を繰り越すことはできません。

運用できる期間は20年

つみたてNISAの特徴

つみたてNISAの非課税期間は20年間です。20年間はいつでも資金の引き出しが可能。

投資信託のみ購入可能(運用できる商品が限られる)

つみたてNISAの特徴

つみたてNISAは、金融庁が厳選した投資信託(約170銘柄)のみ購入が可能です。

運用できる商品は限られていますが、金融庁があらかじめ厳選をしてくれているので、普通に商品を購入するよりは大きく失敗がしづらいメリットがあります。

はじめはどの商品を選べばよいかわからず迷ってしまうので厳選してあると助かりますね。

つみたてNISAとNISAの違いは?

つみたてNISANISA
【対象者】日本在住の20歳以上の方日本在住の20歳以上の方
【年間投資上限額】40万円120万円
【非課税期間】最長20年最長5年
【運用できる商品】長期・積立・分散投資向けの一部投資信託とETF株・投資信託・ETF・REITなど
【資産の途中引き出し】いつでも可いつでも可

「非課税期間」と「年間投資上限額」が一番の違い

つみたてNISAとNISAの一番の違いは、非課税期間と年間投資上限額です。

コツコツ投資をしていきたい人は「つみたてNISA」、短期的な利益を求める人は「NISA」がおすすめです。

つみたてNISAとNISAはどちらかしか選択ができないので、注意が必要です。

つみたてNISAのメリット

運用にお金がかからない(確定申告が不要)

つみたてNISAは20年間は投資の利益に対する税金がかかりません。通常は20%の税金がかかるので大きなメリットですね。

つみたてNISAだけの運用であれば、非課税なので確定申告が不要になるのも嬉しいポイントです。

少額から運用ができる

つみたてNISAは最大で年間40万円までの投資が可能です。40万円すべての枠を使う方は、月々約33,000円投資をします。

しかし、必ず全部の枠を使用する必要はないので月々1,000円〜など少額からの運用も可能です。

たくさんのお金を投資に回すのは怖いという方でも、安心してはじめられますね

投資信託は分散投資ができる

つみたてNISAで購入できる商品は投資信託になります。投資信託は簡単にいうと、いろいろな銘柄のパック販売のことです。

いろいろな銘柄を購入することになるので、分散投資が可能になります。

さらにつみたてNISAは金融庁お墨付き商品だから、初心者でも選びやすい!

つみたてNISAのデメリット

非課税投資額の再利用ができない

つみたてNISAの年間投資上限額は40万円です。途中で資産を引き出したとしても、40万円以上の投資はできません。(例えば40万円商品を購入して、20万円引き出しても、非課税投資額に空きはでない)

つまり何をしても年間40万円という枠はかわらないということですね。

口座開設は一人一つまで

NISAの口座を作れるのは一人一つまでです。つみたてNISAとNISAの併用もできないので、どちらかひとつを選択する必要があります。

一般口座との併用は可能になっています。

つみたてNISAを始めるならネット銀行で口座を開設しよう

つみたてNISAを始めるなら、ネット銀行で口座開設をするのがおすすめです。

メガバンクなどは、手数料が高かったり、金融機関によって購入できる銘柄のラインナップが変わってくるためです。

どの銀行・証券でも口座開設は無料!

ネット銀行でおすすめなのは、「楽天証券」と「SBI証券」です。ただ、つみたてNISAでの利用は楽天証券が断然おすすめ。

楽天証券がおすすめな理由
  • 楽天ポイントがたまる・使える
  • 楽天カード決済でつみたてNISAを購入すると1%ポイント還元
  • 連携銀行の普通預金金利が最大0.1%になる
  • 初心者でも使いやすい

使いやすさとポイントの貯まりやすさ、還元率を考慮すると「楽天証券」が良いでしょう!

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

ちなみに、一度つみたてNISAの口座開設をして、他社の口座に変更したいときは移管手続きが必要になります。移管は1年に1度しかできないので、自分が使いやすい口座を開設しましょう。

結論:つみたてNISAは投資初心者でも始めやすいからおすすめ

結論:つみたてNISAは投資初心者でも始めやすいからおすすめ
つみたてNISAの始め方
  • 証券会社でつみたてNISA口座を開設する
  • つみたてNISAで運用する投資信託をえらぶ
  • 積立設定をする

つみたてNISAを始めるには、まず証券会社にで口座開設をしましょう。おすすめは「楽天証券」です。

つみたてNISAは、年間投資上限額40万円以内であれば、最長20年間、非課税で運用することができるのが大きなメリットです。

購入できる商品(投資信託)は、金融庁が厳選した商品になっていて、初心者でも選びやすくなっています。

コツコツ投資をはじめていきたい方につみたてNISAはおすすめです!

楽天証券
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました