つみたてNISAやるなら楽天証券とSBI証券どっちがおすすめ?

つみたてNISAを始めたいけど、楽天証券とSBI証券のどちらがいいかしら。おすすめが知りたいわ!

つみたてNISAをするなら楽天証券がおすすめです。一番のメリットは「ポイントがたまりやすいところ」。

つみたてNISAで投資信託を購入すると1%のポイントがつきます。毎回1%ポイントがつくということは、利益がプラス1%されるのと同じことなのでオトクですね!

私もはじめはSBI証券でしたが、楽天証券に変更しました!

私のおすすめは楽天証券ですがSBI証券にしかないメリットもあるので、最後まで読んでどちらがいいか考えてみてください。

つみたてNISAやるなら楽天証券とSBI証券どっちがおすすめ?

つみたてNISAをやるなら「楽天証券」がおすすめです。

楽天証券がおすすめな理由
  • 楽天カード決済で1%ポイント還元
  • 楽天ポイントで投資ができる
  • サイトが使いやすい

一番大きなメリットは「ポイントがたまりやすいところ」。

つみたてNISAは最長20年間の長期投資になるので、ポイントが投資のたびに貯まるか貯まらないかは大きな差ができますね!

楽天証券で口座開設をする

楽天証券とSBI証券を比較

楽天証券は楽天カード決済で1%ポイント還元

楽天証券では、つみたてNISA商品の投資信託を楽天カードで購入すると、投資信託の購入に対して1%のポイント還元があります。

つまり、つみたてNISAで毎月3万円の投資信託を購入すると、月300ポイントがもらえるということ。これはお得ですね!

仮に、月々3.3万円をつみたてNISAの投資期間最長20年続けると、79,200ポイントが投資をしているだけでもらえるのでポイントを侮ってはいけません。

これは楽天証券にしかないメリットなので、ポイント還元だけをみても楽天証券でつみたてNISAをやるほうがメリットが大きいです。

私もSBI証券から楽天証券につみたてNISAを変更しました。移管手続きはかなり時間がかかるので、口座開設前の人はじっくり考えてから開設してね!

楽天証券は楽天ポイントで投資ができる

楽天証券はつみたてNISAで投資信託を購入する際にも、楽天ポイントが使えます。

さらに、楽天ポイントと現金をあわせて500円以上購入すれば「SPU+1倍」になるので、楽天市場で買い物をする人にはお得ですね!

SPUは楽天市場でのポイント還元率がアップする制度だよ。

投資信託を購入する際は「楽天ポイント1P+残りはカード決済」での支払い設定が一番オトクです!

楽天ポイント投資のやり方を詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ!

サイトの使いやすさは楽天証券

サイトの使いやすさは楽天証券の方が使いやすいです。初心者でもわかりやすいサイトになっています。

SBI証券は慣れれば使いやすいですが、最初は少しわかりづらいのがデメリット。

さらに楽天証券では日経新聞が無料で読めるので、投資の情報収集にも役立ちますね!

SBI証券は積立設定が豊富

楽天証券毎日/毎月
SBI証券毎日/毎週(曜日指定も可)/毎月

楽天証券は毎日か毎月の積立設定しかできませんが、SBI証券は毎週(曜日指定も可)の積立設定もできます。

積立設定の自由度が高いので、こだわりたい人はSBI証券がよいでしょう!

ただし、積立頻度は毎日/毎週/毎月のどれを選んでもリターンはほぼかわりません。なので、あまりこだわらなくてもよいでしょう!

SBI証券は年間上限額40万までぴったり使える

つみたてNISAは年間40万円まで投資ができます。毎月積立にすると月33,333万×12ヶ月=39,996円で40万円ギリギリまでの積立ができません。

SBI証券の「NISA枠ぎりぎり注文」を利用すれば上限額40万円を余らせることなく使い切ることができます

NISA投資可能枠が積立設定金額以下の場合、積立注文金額を引き下げて積立買付を行い、可能な限りNISA枠を使い切る注文

※NISA投資可能枠が10円未満の場合、NISAぎりぎり注文の発注はされません。

引用:SBI証券

つみたてNISAにおける楽天証券とSBI証券の共通点

  • ポイントがたまる(楽天証券:楽天ポイント、SBI証券:Tポイント)
  • 投資信託の取扱本数はほぼ同じ
  • 購入手数料は無料
  • 最低投資金額は100円〜

楽天証券は「楽天ポイント」、SBI証券は「Tポイント」が貯まります。

ポイントは楽天ポイントの方が断然たまりやすいので、つみたてNISAをするなら楽天証券の方がオトクです。

結論:つみたてNISAをするなら楽天証券がおすすめ

楽天証券がおすすめな理由
  • 楽天カード決済で1%ポイント還元
  • 楽天ポイントで投資ができる
  • サイトが使いやすい

楽天証券SBI証券の大きな違いは「ポイントの還元率と貯まりやすさ」。楽天証券なら、毎月3万の投資で月300ポイントが貯まります。

月300ポイントが20年続くと、79,200ポイントにもなります。投資しているだけでこんなにポイントがたまるのは大きなメリットですね。

無料で口座開設ができるので、証券口座+つみたてNISA口座を開設して投資をはじめてみましょう。

楽天証券で口座開設をする

つみたてNISAの始め方は「つみたてNISAとは?始め方や特徴を超初心者向けに解説」を参考にしてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました