Webライターの報酬は文字単価で決まる!収入を上げる方法は?

Webライターの報酬ってどうやって決まるの?もっと収入を上げる方法を知りたい!

未経験からスタートすると、文字単価1円以下の仕事ばかりでなかなか収入が上がらず、困っている人は少なくありません。

しかし、実際に文字単価といわれてもイメージできなかったり、自分はどのくらいの文字単価が妥当なのか気になったりするでしょう。

Webライターとして収入を増やしたいなら、文字単価アップが必須です。この記事では、文字単価の相場や文字単価を上げる方法を紹介します。

初心者Webライターや収入が上がらず困っている人は参考にしてみてください。

Webライターの報酬は文字単価で決まる

Webライターの報酬は文字単価で決まる

Webライターの報酬は文字単価によって決まります。

  • 文字単価:1文字◯円と文字数によって報酬が決まる
  • 記事単価:1記事◯円と文字数に関係なく1記事ごとに報酬が決まる

例えば、1文字1円であれば5,000文字で5,000円、1文字0.5円だと5,000文字で2,500円になります。

同じ文字数でも報酬が全く異なるので、Webライターとして稼ぎたいなら文字単価を上げること大切です。

記事単価の場合は、1記事3,000円だとすると、3,000文字書いても5,000文字書いても報酬は3,000円になります。

記事単価でも1記事◯文字以上と決まっていることが多いので、結局は文字単価と考え方は同じです。

文字単価と作業バランスが大切

文字単価と一緒に考えたいのが作業時間です。1記事執筆するのにどのくらい時間がかかったかを計算してみましょう。

例えば、1文字1円で5,000文字の記事を書くのに5時間かかったら、時給1,000円です。10時間かかったら時給500円になります。

慣れないうちは1記事書くのに時間がかかりますが、いつまでも時給500円だったらバイトをしたほうが稼げますよね。

知識がない分野やレギュレーションが多い案件だと時間がかかります。文字単価と作業時間のバランスを考えて仕事をしていくようにしましょう。

文字単価の相場は?

文字単価の相場とおおよその月収

文字単価の相場を紹介します。今の自分はどのくらいなのか知りたい人や、今後の見通しを持ちたい人は参考にしてみてください。

経験文字単価
未経験1円以下
少し慣れてきたら1〜1.5円
中級者2〜3円
上級者3円以上

未経験スタートは文字単価1円以下

Webライター未経験スタートの場合、文字単価1円以下をいきなり目指すのは難しいでしょう。1円以上になると競争率が高くなり、経験者が優遇されることが多いからです。そのため、まずは文字単価が安くても実績を積むことを意識します

2〜3記事ほど実績を作れれば、文字単価1円以上の仕事も受注しやすくなります。文字単価1円以下の仕事ばかりしていると全然稼げないので、実績ができたらステップアップしましょう。

また、未経験だからといって、文字単価0.1〜0.2円の仕事は受けてはいけません。文字単価0.1円だと、3,000文字書いても300円なので労働と報酬が見合わないです。

安すぎるだけでなく、クライアント側に問題がある可能性もあるので注意が必要です。最低でも文字単価0.5円〜の仕事を探しましょう。

少し慣れてきたら文字単価1〜1.5円

少し実績を積んで慣れてきたら、文字単価1円以上にチャレンジしましょう

Webライティングスキルが身についてくる頃なので、ライティングスピードが上がり、書ける記事数が増えていきます。

そのため、どんどん応募して仕事を獲得しましょう。「こんなに応募して執筆できるかな?」と不安に思う人もいるかもしれませんが大丈夫です。

私は1日10件くらい応募していたよ!

すべての仕事を獲得できるわけではありませんし、複数の仕事をこなせるだけのスキルが身についているはず。

ライティングは書けば書くほど上達します。どんどん書いてさらなるスキルアップを目指しましょう。

中級者は文字単価2〜3円

半年ほど経つと、さまざまなライティングスキルが身についてきて中級者レベルになります。

ここまで続けられるWebライターは多くないので、今までの経験や実績を武器に文字単価2〜3円の仕事を目指していきましょう。

実績がたまってくると、クライアントからオファーや継続依頼がくることがあります。その場合は、文字単価の要望を伝えやすいので思い切って交渉してみましょう。

中級者レベルになると、高品質な記事が執筆できるようになり、ライティングスピードも上がるのでどんどん依頼を受けられます。

仕事に困らなくなってくる頃なので、安定した収入が得られるでしょう。

上級者は文字単価3円以上

1年以上継続すると専門性が身につきます。文字単価3円以上になると、ライティングスキルはもちろん、より専門的な知識が必要になるでしょう。

美容、金融、不動産など専門的な知識があればあるほど文字単価が上がりやすくなります。本を読んだり資格をとったりして、好きな分野の知識を深めていきましょう。

資格を取るなら「資格のキャリカレ」

文字単価が上がると良い仕事?

文字単価が上がると良い仕事?

Webライターの報酬は文字単価で決まるため、文字単価アップは重要です。しかし、文字単価が上がれば良いといえるのでしょうか。

大切なことは「文字単価と作業のバランス」です。時給換算していくらになるかを意識するようにしましょう。

ライティング以外の作業が多いと大変

ライティング以外の作業が多いと、1記事完成させるのにとても時間がかかります。

ライティング以外の作業例
  • 写真挿入や加工
  • レギュレーションが細かい
  • 修正が何度もある

また、初心者の場合は「文章の構成から考える仕事」だと苦戦する可能性が高いです。SEOを意識する必要があるので、ある程度の知識が必要になります。

そのため、初心者であれば構成がすでにできていて、ライティングのみの仕事を探すのがおすすめです。

未経験分野だとライティングに時間がかかる

知識がない未経験の分野をライティングすると時間がかかります。ライティングする内容を調べるのに時間がかかるからです。

そのため、自分の得意分野を決めておきましょう。得意分野であれば、知識があるので、キーワードを見ただけである程度の内容が思い浮かびます。

「どんな記事でも書けるほうが重宝される」と思いがちですが、専門分野を少しずつ増やしていくほうがライティングしやすいでしょう。

Webライターが文字単価を上げるポイント

Webライターが文字単価を上げるポイント

Webライターの仕事に慣れてきたら、文字単価を上げる努力をしていきましょう。

文字単価が上がれば収入が増えるのはもちろん、Webライターとして自信もつきますよ。

文字単価が高い仕事にどんどん応募する

ある程度の経験と実績を積んだら、文字単価が高い案件にどんどん応募しましょう。いつまでも「自分は初心者だ」と思っていると成長しません。

文字単価が高い仕事を獲得するには、クラウドソーシングの提案文を見直すことが大切です。少しでも経験や知識がある分野だとアピールしやすいでしょう。

積み重ねてきた実績がある人は、ポートフォリオを提案文に記載します。実績がなければ、自分でブログを書いて実績として記載するのもよいでしょう。

文字単価交渉をする

現在、付き合いのあるクライアントに、文字単価を交渉するのもひとつの方法です。

単価交渉の目安
  • 納期を必ず守れている
  • 修正がほぼない
  • 信頼関係が築けている

いきなり交渉しても、クライアントに不信感を与えてしまいます。タイミングをみて交渉するようにしましょう。

SEOやセールスライティングを学ぶ

文字単価が上がるほど、SEOやセールスライティングの知識が必要になります。逆に言うと知識があればアピールにつながるので、積極的に勉強しましょう。

特にSEOはWebライターを続けていく上で必須の知識です。検索順位で上位を取れる記事が書ければ、文字単価も上がりやすくなるでしょう。

専門分野を極める

専門的な知識があると、文字単価が上がりやすい傾向にあります。特に、医療・金融・不動産・美容など専門性の高い分野が狙い目です。とはいえ、専門的な記事を書くには、しっかりと勉強しておく必要があります。

日頃から資格を取ったり、本を読んだりと知識を増やしていく姿勢が大切です。

資格を取るなら「資格のキャリカレ」

どうしても文字単価が上がらない場合の対処法

どうしても文字単価が上がらない場合の対処法

いつまでも文字単価が上がらないと、モチベーションが下がってしまいますよね。

どうしても文字単価が高い仕事が取れない場合は、知識のインプットとアウトプットを行いましょう。

オンライン講座でプロから学ぶ

どうしても文字単価が上がらない、Webライターとして自信が持てないという人は、オンライン講座でプロから学ぶのもひとつの方法です。

独学よりもプロに学んだほうが、より早く目標に近づけるでしょう。

オンライン講座を活用して、Webライターとしてスキルアップしましょう。

ブログを開設する

ライティングは、書けば書くほど上達します。そのため、自分でブログを開設して日頃から書く練習をしましょう。

ブログを書くことで、SEOの勉強になったり実績としてクライアントにアピールできたりするので、Webライターならブログを開設して損はありません。

また、アフィリエイトをすればブログから収入が得られるようになるので、ぜひ挑戦してみましょう。

文字単価を上げてWebライターとして成長しよう

文字単価を上げてWebライターとして成長しよう

Webライターの報酬は文字単価で決まります。文字単価が低いままだと、モチベーションが下がってしまいますよね。

Webライターとして知識と実績を積んでいけば、文字単価が高い仕事を獲得できるようになります。

独学が難しいと感じたらオンライン講座などを活用して、プロに教わるのも上達する近道です。

文字単価を上げて、Webライターとして成長していきましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました