ゴールデンサークル理論で人の心を掴むライティング技術を身につけよう

物やサービスが売れる文章を書きたいから、テクニックが知りたい!

今では知らない人はいないくらい有名な「Apple」のプレゼンでも使われた、ゴールデンサークル理論を使えば、いつもと一味違う文章が書けるようになります。

脳科学に基づいたテクニックなので、人の感情を動かし、心を掴んで販売まで導けるでしょう。

コピーライティング、セールスライティングを身につけたい人は「ゴールデンサークル理論」を知っておいて損はないですよ!

ゴールデンサークル理論とはなにか、ゴールデンサークル理論を使ったライティングテクニックを紹介します。

ゴールデンサークル理論とは?

How great leaders inspire action | Simon Sinek

ゴールデンサークル理論とは、リーダーシップ理論で知られているサイモン・シネック氏が提唱した法則です。優れたリーダーはどうやって行動を促すのかを調べ、マーケティングに効果的な法則を提唱しました。

ゴールデンサークル理論とは?
  1. Why(なぜ)
  2. How(どうやって)
  3. What(なにを)

3つの重なったサークルを内側から外側にWhy→How→Whatという順に伝えることで、人の感情を動かし、共感を得られるというものです。

マーケティングでよく使われる法則で、ライティングにも活用できます。

ほとんどの人はWhat→Howしか伝えていない

サイモン・シネックによると多くの人はWhat→Howしか伝えていないといいます。自分が「What(なにを)」「How(どうやって)」しているかは行動や能力によって理解しているからです。

しかし、それでは人の心は動かされません。

一般人の伝え方
  • What:私は在宅ワーカーです。
  • How:Webライターとして文章を作成して生計を立てています。
  • Why:・・・
一般企業の伝え方
  • What:高性能のスマートウォッチを販売します。いかがですか?
  • How:大きな画面で通知が見やすく、通話も可能です。
  • Why:・・・

Appleが人気の理由は「Why」にあり

Appleが人気の理由は「Why」にあり

誰もが知っているAppleの商品が人気なのは「Why(なぜ)」から伝えているからです。人は「Why(なぜ)」に惹かれて物を買ったり、賛同したりします。そのため、「Why(なぜ)」から説明するのが大切です。

始めに自分の価値観や商品、サービスへの熱意を伝えます。そのあとに具体的な商品やサービスの説明をすることで、人の感情に訴えかけて行動させるのです。

Appleの伝え方
  • Why:私たちは世界を変えられると信じています。
  • How:シンプルな操作方法で取り扱いを簡単にしました。
  • What:その結果、素晴らしいPCが完成しました。一台いかがですか?

ゴールデンサークル理論は脳科学の原理に基づいている

ゴールデンサークル理論は脳科学の原理に基づいている

脳には2種類の働きがあります。

  • 原始的な脳(大脳辺緑系)→「Why」「How」
  • 理性的な脳(大脳新皮質)→「What」

原始的な脳は感情や本能に関係があるため、動物的な本能といえるでしょう。理性的な脳は、分析や合理的な判断をするため人間的な理性といえます。

「Why(なぜ)」から伝えるのは、人の感情を動かす、つまり原始的な脳に訴えるためです。さらにWhy→How→Whatと説明することで、理性的な脳にも訴えることができます

統計やデータのみでは、原始的な脳に訴えかけられないため、「Why(なぜ)」から伝えることが効果的であることがわかります。

人はなぜ行動するのか

例えば、毛虫に触ってしまって全身かゆくてつらい思いをした人は「虫が嫌い」とインプットされます。その経験が「信念や価値観」に変わり虫を見たら近づかないという「行動」につながるのです。

人は、直感的な感情によって行動するため「Why(なぜ)」から訴えることは効果的といえるでしょう。さらに、最後に「What(なにを)」を伝えることですぐに行動につながります。

ゴールデンサークルを使ったライティング活用術

ゴールデンサークルを使ったライティング活用術

なぜその商品やサービスがよいのか

はじめに商品やサービスへの熱意を伝えるましょう。なぜその商品やサービスがよいのかを伝えて、相手を納得させることで共感が得られます。

なぜその商品やサービスに至ったかの経緯やどのような経験から誕生したのかを意識して伝えるとよいでしょう。

どうやって相手の利益を提供するか

次にどうやって相手の利益を提供するかを伝えます。言い換えると、どうやって相手を幸せな未来に導くかを考えましょう。

商品やサービスを購入することで、どんな未来が待っているかを想像させます。商品やサービスの特徴やすばらしさを伝えるビジネス的ではなく、相手の幸せな未来を語ることがポイントです。

具体的な説明

商品やサービスの説明を「最後」にするのがポイントです。商品やサービスの特徴を伝えることで、相手がすぐに行動できるように導きます。

ブログをテーマにゴールデンサークルを使ってみよう

ブログをテーマにゴールデンサークルを使ってみよう

Why

ブログは書けば書くほど資産として半永久的に残り、収益化することで不労所得が得られます。

ブログを収益化するには、ライティングスキルやSEO、マーケティングスキルを学ぶ必要があるため、これから個人で稼ぐためのスキルが身につくでしょう。

How

サーバーとドメインを契約してWordPressを開設します。あとは記事を書くだけなので、子どももできるくらい簡単です。

What

サーバーとドメインは〇〇で契約するのがおすすめです。〇〇のブログテーマを導入すれば、見た目も最高なブログに仕上がります。

ポイント
  • 最初にブログを始めるメリットを伝えることで、相手の共感を得る
  • ブログって良さそう!やってみたいと思わせる
  • そのうえで、ブログの始め方やおすすめの商品を紹介することで行動にうつす

ゴールデンサークル理論を使ってライティング技術をアップさせよう

ゴールデンサークル理論を使ってライティング技術をアップさせよう

ゴールデンサークル理論は、3つの重なったサークルを内側から外側にWhy→How→Whatという順に伝えることで、人の感情を動かし、共感を得られるというものです。

  1. Why:なぜ
  2. How:どうやって
  3. How:どうやって

脳科学の原理に基づいていて、あの有名なAppleもプレゼンで使っている効果的な法則です。

ゴールデンサークル理論を使ってライティングをすることで、人の感情を動かして販売まで導けるでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました